ガンの代替医療となるか。フコイダンの効果

日本人にとって海藻は昔から大変なじみのあるもので、海藻には様々な栄養素があり健康に良いとされています。
昔の文書にも記されているように古代から薬理効果が期待され使用されてきましたが、近年になって更に注目されている成分の一つにフコイダンがあげられます。

1913年にスウェーデンのキリン教授が昆布のぬめり成分の一つとして発見したもので、海藻が潮の流れによって見が傷つかないように生成しているものです。
そのぬめり成分フコイダンの研究がすすみ、抗ガン作用や、コレステロール低下作用や高血圧予防などに大きく貢献することが解明されてきました。

その中でも医学界が注目しているのがガンの抑制効果です。
西洋医学でのガンの治療には副作用が多く見られます。
脱毛や発熱、吐き気など治療自体というよりも副作用がしんどいことも多く見られますし
ガン細胞を殺すことに加え、健康な細胞も殺してしまうため免疫も落ちてしまいます。
しかし、フコイダンにより代替医療は正常細胞を強化し、またガン細胞のみに働きかけるので副作用がないことでも知られています。
ガンを抑制し、またガン細胞を消滅することができる効果が期待されている、画期的な成分のため医者の中にも、ガン患者さんにフコイダンの摂取をすすめる人も増えてきているようです。

コメントを残す